sumi_log

夫と娘と三人暮らし。思うままに日々をつづりたいブログ。

はじめての図鑑

このあいだの日曜日で1歳半になった娘。

喃語もだんだんと意味を持ち始めて、犬を「わんわん」、猫を「なぁなぁ」と呼ぶようになりました。

 

f:id:o-sumity:20180501140248j:plain f:id:o-sumity:20180501140251j:plain

↑こどもちゃれんじのDMについていた、お名前図鑑。

これがとても気に入った娘は、毎日、それこそ写真のように紙が破けるまでページをめくり続けました。

 

わたしが指をさしながらひとつひとつ名前を読み上げてやると、

そのうち娘のほうから指で絵や写真の生き物たちをさすようになり、

娘の指さした生き物の名前をわたしが言う遊びをし続けた、結果、

ある日を境に、わたしが「いぬはどれですか?」と聞くと、娘はまっすぐに犬の絵を指さすようになったのです。


そのときはすごく驚きました。


わたしの言葉を聞いているのかいないのか分からないような素振りでいたのに、ちゃんと聞いて覚えていたのだと知り、子どもの吸収力の高さに感動すら覚えました…!

 

犬や猫から始めて、上の写真の、イラストと写真の生き物たちはすべて指さしできるようになった娘。

 

こうなったらもうサンプル品のぺらぺらの図鑑では足りない!と思い、慌てて図鑑を探しました。

買うからには良い物が欲しいので、いろいろなレビューを見たり、本屋さんで実物を見る機会もあって、これだ!!という物を見つけました。

 

買ったのは、この↓「はじめてのずかん555」です。

 

指さし練習にはもってこいの写真図鑑。


動物だけではなく、食べ物や乗り物や日用品まで載っていて、すべての物に日本語と英語の両方の名前が書かれています。

買った後で知ったのですが、色やかたち、あいさつや数字などのページもあって、長く使えそうです。

 

ただひとつ惜しいなぁと思ったのは、植物のページがなかったこと。

働く車のページにはコンバインや訪問入浴車まで載っていたので、個人的にはその辺をもう少し減らして植物の載っているページが欲しいと思いました。

しかし、娘がもっと大きくなれば、それも良い勉強にはなるかな?

 

ともあれ、初めて持つ図鑑としてはかなり優秀なのではないかと思います。


紙も全ページ厚紙で丈夫なので、娘が読み込んでも少々雑に扱っても破れる心配は少なそうです。

 

図鑑が届いたその日から、娘は夢中でページをめくっています。

指さしをして褒められるのがとても嬉しいらしく、一日に何度も何度も図鑑を持ってきては名前を読み上げるように迫ってきて、ママのほうが若干飽きて疲れてきt……もごもご。

 

学びと遊びを兼ねて、しばらくはこの図鑑で娘とのおうち遊びがはかどりそうです。

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

春がきた

桜の美しい季節がきて、毎日、娘とたくさんお散歩しました。

 

理想はおててを繋いでのんびりと歩くこと…だけれども、歩き始めて間もない娘は、繋いだ手を即座に全力で振り払ってくる上に好きなところへ小走りで行ってしまいます。

こっちは追いかけるのに必死。

のんびりお散歩❤…というのには程遠く(笑)、しかし娘と外を歩くのはとても楽しかったです。

暑いのが大の苦手で、俄然、秋冬の大好きなわたしですが、娘のおかげで春も好きになれました。

 

f:id:o-sumity:20180411133354j:plain

満開だった桜は、あっという間に散ってしまいました。

落ち葉の上を歩くのは何年ぶりのことだろう?と考えながら、サクサクと音を立てて歩くことを、娘とふたり、満喫したある日の朝。

 

それから、少し前に実家に咲いていた椿をわけてもらい、一輪挿しにしました。

 

f:id:o-sumity:20180411132002j:plain

 

たった一日で蕾が開き、さらに数日経つと、音を立てて花が落ちました。

ちょうどその瞬間を目撃しましたが、花びらが散るのではなく、首が落ちるように花ごと落ちる様は見ていて少しぞっとしました。

咲いている時はとても綺麗なのだけれど。散り方は潔いというか恐ろしいというか……。

 

 

f:id:o-sumity:20180411133021j:plain

↑実家で鉢植えしたチューリップも、綺麗に花を咲かせていました。

娘に「チューリップ。チューリップだよ」と教えると、「ぷ!ぷ!」と真似するように娘は発音してくれて、それがたまらなく可愛かったです。ぷ、て!笑

 

 椿やチューリップの他にも、実家の母は、裏庭でたくさんの植物を育てています。

それだけでは飽き足らず、家の中で観葉植物を育てるのも好きな母。

必然的に、母の日にはお花や観葉植物をプレゼントすることが増えました。

 

もうすぐ母の日。

プレゼントするものに悩んでいる方は、観葉植物も良いかもしれません。 

 

 

 

そういえば、わたしももう母なのでした。

娘がもっと大きくなったら、母の日にプレゼントをもらって感動する日もくるのかなぁ?なんだか想像がつきません。ふしぎ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

はじめてのらくがき

 娘の1歳の誕生日にプレゼントした、おえかきボード。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワンワンとうーたん のびのびおえかきボード
価格:2800円(税込、送料別) (2018/3/16時点)

 

喜んで触ってはくれるものの、ペンを握って線を描くという行為は中々難しいようで、これまで娘はただペンやスタンプを手に持って遊ぶだけでした。

 

それが今日、ついに!

ボードの上にペンを立てて線を描けたのです。 

 

f:id:o-sumity:20180316123252j:plain

↑娘のはじめてのらくがき。

 

すごいよ!娘!!かけてるよ!!!

ただの線だけでも、描く、ということが子どもにとってこんなにも難しいとは。

 

娘を授かってからよく思うのが、娘の視線を通して、わたしも赤ん坊の頃からの人生を見つめ直しているような気持ちになります。

今では当たり前のようにしている日常生活のあれこれも、娘くらいの時には当然できなくて、それを一生懸命に教えてもらい、できるようになって。

だから今、娘が上手くできないことも、あっという間に思い出に変わっていくんだろうなぁ、と。

 

そんなことを考えながら、娘の「はじめて」をせっせと記録しているのでした。

 

 

おまけ↓

f:id:o-sumity:20180316123257j:plain

※付属のおえかきシートをなぞっただけのワンワン

 

絵心ない芸人、ならぬ、絵心ない母の力作!!(なぞっただけ)

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

お手製ベビーサークル

日曜大工の得意な父に、テレビ周りのベビーサークルを作ってもらいました。

 

f:id:o-sumity:20180225153530j:plain

f:id:o-sumity:20180225153446j:plain

f:id:o-sumity:20180225153106j:plain

 

この出来栄え!

 

お願いしてからたった2〜3日で完成しました。

枠の材料となった木材は実家にある物を使ってくれたので、必要な物だけを買い足し、材料費はたったの2000円。

なんとありがたい…!

 

実家でも過去に、部屋の一部を区切るために何もないところに壁と扉を作ったり、ガレージに屋根をつけたり、素人のレベルを超えた工作物をせっせと作っていました。

 

父のこの才能を何かに活かせないかな……と思いつつ、我が家もしっかりと恩恵を受けているので、家族のためには十二分に活かされているのでした。

 

 

父にお願いする前に、我が家で買おうと思っていたのは、こちらの商品です。

 

 

テレビ周りは配線もあるし、テレビや録画機器に触られると困るし、子どもが小さいうちは対策が必要ですよね。

 

理想的なベビーサークルを作ってもらえて、ほんとうに助かりました。

父さんありがとう!

お礼に父の大好きなビールを山ほど持っていかなければ(^o^)笑

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

2月14日

夫からGODIVAのハート缶チョコをもらいました。しかもふたつ!

 

f:id:o-sumity:20180214214026j:plain

 

日本では女性から男性へチョコレートやプレゼントを贈るのが一般的なバレンタイン。

我が家では毎年、夫からわたしへチョコレートをプレゼントしてくれます。

 

理由はふたつあります。

 

ひとつ。夫はヨーロッパの思想が好きだから。

あちらでは、バレンタインデーには女性や男性に関わらずどちらからでも、恋人や親しい人へ贈り物をする日だそうです。

そのため、貰うよりも自分のほうから贈りたい、と夫は言うのです。

 

ふたつ。ホワイトデーに売られている商品よりも、バレンタイン限定のチョコレートのほうが圧倒的にわたし好みで貰うと嬉しいから。

これは結婚する前から常々思っていました。

こんなに可愛くておいしそうなチョコレートたちを、チョコがあまり好きではない彼(夫)にあげるよりも自分がプレゼントしてもらいたい!と。

 

 

そういうわけで、我が家ではバレンタインデーとホワイトデーを逆転することにしています。

 

ホワイトデーには、夫の好きなスナック菓子やハイチュウなどを山盛りプレゼントする予定です(^o^)♡

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 今週のお題「バレンタインデー」

哺乳瓶を卒業しました

 2月11日(日)、娘は哺乳瓶を卒業しました(^^)

 

離乳食を三食しっかり食べるようになってからは、夜寝る前にだけ、哺乳瓶でフォローアップミルクを飲ませていました。

しかし、寝る前に、しかも哺乳瓶でミルクを飲み続けると虫歯の原因になりやすいと知り、早くコップ飲みに移行しなければ……と、焦り始める母(わたし)。

 

そこでコップの練習用に買ったのが、ツイッターのほうでフォロワーさんに教えてもらった、以下のものでした。 


 

両手で持てて、コップの中が斜めになっているので、コップ練習を始めたばかりの子どもには最適だと思います。

絵柄はいろいろありますが、うちは、娘の大好きなワンワンとうーたんを選びました。

このコップを目の前に置くと、娘は「わんわん!」(←覚えたての言葉)と言って飛びつくように手に取ります。

 

 


 

 ↑こちらは中が斜めになっていませんが、コップ自体が浅めで、両手持ちもできて、これも練習用に良さそうです。

ネットで買う場合は送料無料も重要ポイント…!笑

 

 

そんなこんなで、コップ飲みの練習を始めた娘ですが、まあ当然のことながら最初から上手くできるはずもなく。

コップをカチカチと歯で噛んだり、だばだばとこぼしながら飲めているのか飲めていないのかわからない状態で飲んでいたり。

とにかく練習あるのみです。

 

そして、ミルクを飲ませる時間帯も、夜から朝に変更しました。

 

おとといの夜、「寝る前にミルクを飲むのはこれでおわりだよ。夜のミルクはもうないないだよ」と娘に言い聞かせながら、最後に寝る前のミルクをあげました。

哺乳瓶で。ひざの上に娘を乗せて。

卒業させると決めたからには、もう哺乳瓶は使わないつもりだったので、こうやって膝の上でミルクを飲ませるのも最後なのかぁ……と思うと、寂しさも少し。

 

寝る前のミルクなしで、夜、ちゃんと寝てくれるか心配もしていましたが、しっかり朝まで寝てくれました。ありがたい…!

 

そして今朝、たくさんこぼしながらも、コップでミルクを飲みました。

またひとつお姉ちゃんになったね。

 

娘の成長を感じられた、哺乳瓶卒業のお話でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

初めての言葉

1歳3か月になった娘。

 

このあいだ、ひざ枕をしている状態から上を見上げて視線を合わせて、「ままー」と言ってくれた。

とてもとても嬉しかった。

その後、テレビに視線を戻して「ままーまんまんまー」と言っていたので、たぶん娘の中で「ま」の発音ブームが来ているだけだと思われる^q^笑

 

ママと呼んでくれているようで呼んでいなかったり、かと思えば、ベビーゲートの向こう側から涙を溜めた目でしっかりとわたしを見据えて「ままーままー」と泣いていたりもする。

 

娘はきっと、わたしをママと呼ぶと振り返ってくれることが少しずつ分かってきて、構ってほしい時ほど「ままー」と呼ぶ。

なんと健気で可愛いこと!

そう思ってしまうのも、親ばかたる証拠なのかな。

 

というわけで、娘の口から出た初めての言葉は「まま」\(^◇^)/ヤッター

「わんわん」に先を越されるんじゃないかとひやひやしたけれど、いなばぁのワンワンにも、うーたんにも、他のおもちゃたちにも「わんわん」と話かけているから、やっぱり先にママと呼んでくれた!と信じている。 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村