sumi_log

夫と娘と三人暮らし。思うままに日々をつづりたいブログ。

震災に遭って実感したこと

2018年6月18日7時58分、震度6の地震が起こりました。

わたしの家も被災して、家の中はめちゃくちゃになり、数日間ガスの供給が止まりました。

幸い家族や友達はみんな無事で、家にも亀裂が走るなどの被害はなく、大量の食器が壊れるくらいで済みました。

 

地震があった直後の、荒れた家の中を見て呆然とする気持ちや、その後また大きな揺れがきたらどうしよう、娘を連れてどうやって逃げよう、と考えながら四六時中、心が休まらない感覚は、きっとしばらく(もしかしたら、ずっと)忘れられません。

 

現在はガスの供給も始まり、ライフラインの普及を一日も早くしようと頑張ってくださった方々に心から感謝しています。

 

 

地震が起こったその日、まずは食料を確保しようと、2~3時間後に家を出ました。

しかし、近所のスーパーは軒並み閉店。

コンビニには同じように食料を求める人たちが長い列を作り、陳列棚からはおにぎりやサンドイッチなどすぐに食べられる物が消えました。ほんとうに、ひとつ残らず売り切れでした。

 

翌日にはほとんどのスーパーが営業を再開してくれたおかげで食料難民になるような事態は避けられましたが、それでも、やはりどこのスーパーも水や食品が品薄でした。

 

 

少し落ち着いてから、今度は、また大きな地震がきた時のために娘の非常食用のベビーフードを買いに行きました。

ところが、西松屋やイオンからは、ベビーフードのお弁当(お米も入っていてそのまま食べられるもの)がほとんどなくなっていたのです。

 

↑こういうやつです。

1歳4か月からのお弁当BFはすべて売り切れ、9か月から、1歳から、のものはわずかに残っていました。

みんな考えることは同じということですね……。

 

 

今後、またいつ大きな地震がくるかもわからない。

震災はよその地域の話ではなく、いつ自分の身に起こるかもしれない、とても身近な恐怖なのだと今回つくづく実感しました。

 

そして今すぐにでも対策しようと思ったことは、以下のとおりです。

 

避難用のかばんを常に作っておく

オムツやBF、母子手帳、身分証明書の入った財布、などなど。

それから、意外と思いつかない、靴下。逃げる時に役立つと思います。わたしは娘の分も入れておきました。

 

大きな家具を固定する

これがいかに大切なことか、身に染みて分かりました。

家具が倒れると、壊れるとか散らかるとか以前に、ほんとうに危ないです。下手をすると怪我だけでは済みません。

うちも色んな家具が倒れましたが、中でも怖かったのは、娘がよく出入りして遊ぶ部屋に置いてある電子ピアノ。地震の後、横倒しになって床に転がっていました。もしも娘が下敷きになっていたら……と思うと心底ぞっとしました。

 


 

↑こうして固定できるものを買ってきて、大きな家具はできる限り倒れにくい工夫をしようと思います。

 

トイレ対策

ひやひやとしたのが、断水。それに伴うトイレの使用不可能化。

有り難いことに今回は断水には至りませんでしたが、準備はしておいたほうが良いかと思います。

 


 

 

 

今、娘はいつもの場所ですやすやとお昼寝しています。

今このときに地震が起こったらどうする?荷物は?娘を連れてどうやって逃げる?!

……そんなことばかり考えてしまい、気疲れしてきました。

 

願わくば、もう大きな揺れは起きませんように。

そして万が一また震災に遭っても、だれひとり怪我をすることなく良かったねとみんなで笑えますように。

 

震災に遭ったすべての方が、一日も早く日常を取り戻せますように。

 

 

長くなりました。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

わたしも家族もみんな、疲れてはいても、元気です(^^)/

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ワンワンわんだーらんど☆レポート

先月の話になりますが、なんと、あの!ワンワンわんだーらんどへ!!行ってきました!!!

 

f:id:o-sumity:20180601115024j:plain

 ↑会場にあった看板。

 

大人気でなかなかチケットの取れない夢の舞台。

友達のお母様が見事に当ててくださって、友達親子と一緒に見に行かせてもらいました。

ほんとうに感謝しています…!!

 

というわけで、簡単にですがレポートを。

 

 

ベビーカー置き場

会場に着いて、まずベビーカーを預けました。

係りの方が数人いらっしゃり、ベビーカーを渡すと紙の番号券をくれます。

整理して置いてくれるし、帰りは番号券を渡すとすぐに自分のベビーカーを出してきてくれて、とても楽で有り難かったです。

 

 

記念撮影コーナー

 みんな大好きワンワン&うーたんと一緒に写真の撮れるコーナーもありました。

入場券を渡す前のエリアで、誰でも入ることができます。

 

f:id:o-sumity:20180605145919j:plain

 ↑こんな感じのワンワンとうーたん(置き人形)の間に入って写真が撮れます。

混み合っていたため、1グループ1枚の撮影でお願いします、と係りの方がアナウンスしていました。

 

娘はこのワンワン&うーたんの人形を見て大興奮。

ずっと「わんわん!あっ、わんわん!」と大きな声ではしゃいでいました。

まだ小さくて分からないかな…?とも思いましたが、娘の喜ぶ姿を見て、ああ、連れてきて良かったなぁ、としみじみ思いました。

 

 

グッズ売り場

グッズ売り場も、記念撮影コーナーと同じく誰でも入れるエリアにありました。

 

f:id:o-sumity:20180605145952p:plain

↑わたしの買ったグッズと、入場時にもらえたノベルティたち。

 

入場時にもらえるイラスト入りの袋の中には、パンフレットとクリアファイル(いなばぁ仕様)の他に、可愛いぬりえやシールも入っていて、とってもお得な気分でした。

 

ちなみに、グッズ売り場でわたしが買ったうーたんのぬいぐるみは、あとで見ると同じ値段でネットでも売っていました。笑

 

↓こちらです。 

 

うーたんの頭の上のマラカス部分に鈴が入っていて、揺らせば、ちろちろと可愛らしい音が鳴ります。

娘はこれがとても気に入って、毎日抱っこしながら遊んでいます。かわいい( *´艸`)

 

 

公演開始

ワンワンの声でのアナウンスから始まり、わんだーらんどでお馴染みのゆうくんが出てきて、ジャンジャンが出てきて、そして舞台の幕が上がると、子どもたち以上に大興奮の大人たち。笑

わたしと友達などは、いつもテレビで見ているキャラクターたちを前にして感動のあまり涙ぐんでいました。笑笑

 

ほんっっっっとうに楽しかった!!!!

 

後日、わたしたちの行った公演もテレビで放送されたので、いつも以上に注意深く観客席を見ていましたが、自分たちの姿は見つけられず。

それも含めて良い思い出になりました。

 

ありがとう、ワンワンわんだーらんどの仲間たち(^◇^)

そして誰より、友達と友達のお母様!ありがとうございました!!

 

 

以上、ワンワンわんだーらんどのレポートでした。

最後まで読んでくださりありがとうございました(^^)/

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

園庭開放へ行ってきました

先週、今週と、二週続けて近所の保育園の園庭開放へ遊びに行ってきました。

 

近年、認定こども園になったばかりのその保育園。

娘も年少さんから通えたらいいなぁと思っていますが、満3歳での入園(幼稚園枠)は希望者が多ければ抽選になるので、通えるかどうか……。

 

しかし、まずは園の様子を知ることと、先生たちと顔見知りになることが大事だと思い、園庭開放へ行ってみることにしたのです。


 

f:id:o-sumity:20180531185012g:plain

イラスト無料素材【イラストわんパグ】

 


一回目は、園児たちに混じって園庭で遊ばせてもらいました。

5月中旬のよく晴れた日。

真夏ほどではないにしろ、照りつける太陽の下で1時間ほど遊ぶと、娘もわたしもヘトヘトになってしまいました(^_^;)

ともあれ、娘は大喜び。

 

二回目は、保育園の屋上に出て遊ばせてくれました。

この日の天候は、曇り空。

屋上は全面芝生で、楽しそうな遊具もたくさん置いてあり、親のほうがテンションが上がってしまいました(^o^)

 

両日とも、自分を入れて三組の親子が参加していました。


わたしは普段あまり育児イベント的なものに参加することがなく、近所の公園へ行っても中々子連れの方とは知り合えませんでした。

なので、

二回同じ日に参加していたママさんと顔見知りにもなれて、お互いの子どもの名前を呼んで声をかけ合えたのがとても嬉しかったです。

 


園庭開放へ行く目的は、


①通わせたい幼稚園や認定こども園を見つけて、その園の雰囲気や先生方を知ること。


②お外で遊びたい盛りの1歳児を、他のお友達と一緒に遊ばせられる場所を確保すること。


わたしの中ではこの二つが大きいです。



来週も同じ保育園へ遊びに行く予定で、どんな発見があるか、娘と一緒にどれだけ遊べるか、楽しみにしています。


 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

口ぐせになりつつある「いやっ」

おもちゃを出したら出しっぱなしで片付けようともしない娘。

まだ1歳半だしなあ……と思いつつ、いやいや、自分のおもちゃは自分で片付けるくせをつけさせないと!と考え直し、意識的に注意しようと思っています。

 

先日も「お片付けして。つみき、ないないして?」と言うと、娘ははっきりとした声で言いました、「いやっ」と。

傍でそれを見ていて、笑い転げる夫。

笑いごとちゃうわい!!!!!

と言いつつ、つられて笑ってしまうわたし。

文字通り床の上で転がりながら大笑いするパパを見て、しまいには娘まで笑い出す始末。なんだこれ。

 

一家揃ってゲラ(笑い上戸)なのでした。

 

という話ではなくて。

この日を境に、娘の「いやっ」が口ぐせになってしまったのです。

 わたし「お茶のんで」 娘「いやっ」

 わたし「靴下、はこうね」 娘「いやっ」

なんでもかんでも、とりあえず「いやっ」。意味を分かっているのかいないのか、覚えたての新しい言葉を言いたいだけのようでもありますが、イヤイヤ期の先駆けのようにも感じます。

 

イヤイヤ期といえば、先週は娘の癇癪がひどく、精神的にかなりまいっておりました。

ねんね期に原因もわからずただひたすら激しく泣き続けていた娘の姿を思い出すような、ほんとうに激しい泣き方で、呼吸困難になるまで泣いて泣いて暴れて、かと思えば

わたし以外のだれか(ばぁばやパパ)が来るとぴたりと泣き止むのです。

なんでなのかさっぱりわからない。

久しぶりに育児が原因でわたしも泣きました……。

 

その週末、あまりに落ち込んでいたわたしを元気づけようと、夫が焼肉屋さんへ連れて行ってくれました。

好きなだけ食べて飲んで、とてもおいしくて楽しかったです。ありがとう夫( ;∀;)

 

娘とおててをつないで外を歩けるようになったことが幸せだったり、

ほとんど一日中泣き喚かれてこちらまでわああ!っと泣き叫びたくなったり、

嬉しいことも辛いこともたくさんあって、育児ってほんとうに一筋縄ではいきませんね。

 

今日も一日、家事はてきとうに手を抜きつつ、娘といっぱい遊びたいです。

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

はじめての図鑑

このあいだの日曜日で1歳半になった娘。

喃語もだんだんと意味を持ち始めて、犬を「わんわん」、猫を「なぁなぁ」と呼ぶようになりました。

 

f:id:o-sumity:20180501140248j:plain f:id:o-sumity:20180501140251j:plain

↑こどもちゃれんじのDMについていた、お名前図鑑。

これがとても気に入った娘は、毎日、それこそ写真のように紙が破けるまでページをめくり続けました。

 

わたしが指をさしながらひとつひとつ名前を読み上げてやると、

そのうち娘のほうから指で絵や写真の生き物たちをさすようになり、

娘の指さした生き物の名前をわたしが言う遊びをし続けた、結果、

ある日を境に、わたしが「いぬはどれですか?」と聞くと、娘はまっすぐに犬の絵を指さすようになったのです。


そのときはすごく驚きました。


わたしの言葉を聞いているのかいないのか分からないような素振りでいたのに、ちゃんと聞いて覚えていたのだと知り、子どもの吸収力の高さに感動すら覚えました…!

 

犬や猫から始めて、上の写真の、イラストと写真の生き物たちはすべて指さしできるようになった娘。

 

こうなったらもうサンプル品のぺらぺらの図鑑では足りない!と思い、慌てて図鑑を探しました。

買うからには良い物が欲しいので、いろいろなレビューを見たり、本屋さんで実物を見る機会もあって、これだ!!という物を見つけました。

 

買ったのは、この↓「はじめてのずかん555」です。

 

指さし練習にはもってこいの写真図鑑。


動物だけではなく、食べ物や乗り物や日用品まで載っていて、すべての物に日本語と英語の両方の名前が書かれています。

買った後で知ったのですが、色やかたち、あいさつや数字などのページもあって、長く使えそうです。

 

ただひとつ惜しいなぁと思ったのは、植物のページがなかったこと。

働く車のページにはコンバインや訪問入浴車まで載っていたので、個人的にはその辺をもう少し減らして植物の載っているページが欲しいと思いました。

しかし、娘がもっと大きくなれば、それも良い勉強にはなるかな?

 

ともあれ、初めて持つ図鑑としてはかなり優秀なのではないかと思います。


紙も全ページ厚紙で丈夫なので、娘が読み込んでも少々雑に扱っても破れる心配は少なそうです。

 

図鑑が届いたその日から、娘は夢中でページをめくっています。

指さしをして褒められるのがとても嬉しいらしく、一日に何度も何度も図鑑を持ってきては名前を読み上げるように迫ってきて、ママのほうが若干飽きて疲れてきt……もごもご。

 

学びと遊びを兼ねて、しばらくはこの図鑑で娘とのおうち遊びがはかどりそうです。

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

春がきた

桜の美しい季節がきて、毎日、娘とたくさんお散歩しました。

 

理想はおててを繋いでのんびりと歩くこと…だけれども、歩き始めて間もない娘は、繋いだ手を即座に全力で振り払ってくる上に好きなところへ小走りで行ってしまいます。

こっちは追いかけるのに必死。

のんびりお散歩❤…というのには程遠く(笑)、しかし娘と外を歩くのはとても楽しかったです。

暑いのが大の苦手で、俄然、秋冬の大好きなわたしですが、娘のおかげで春も好きになれました。

 

f:id:o-sumity:20180411133354j:plain

満開だった桜は、あっという間に散ってしまいました。

落ち葉の上を歩くのは何年ぶりのことだろう?と考えながら、サクサクと音を立てて歩くことを、娘とふたり、満喫したある日の朝。

 

それから、少し前に実家に咲いていた椿をわけてもらい、一輪挿しにしました。

 

f:id:o-sumity:20180411132002j:plain

 

たった一日で蕾が開き、さらに数日経つと、音を立てて花が落ちました。

ちょうどその瞬間を目撃しましたが、花びらが散るのではなく、首が落ちるように花ごと落ちる様は見ていて少しぞっとしました。

咲いている時はとても綺麗なのだけれど。散り方は潔いというか恐ろしいというか……。

 

 

f:id:o-sumity:20180411133021j:plain

↑実家で鉢植えしたチューリップも、綺麗に花を咲かせていました。

娘に「チューリップ。チューリップだよ」と教えると、「ぷ!ぷ!」と真似するように娘は発音してくれて、それがたまらなく可愛かったです。ぷ、て!笑

 

 椿やチューリップの他にも、実家の母は、裏庭でたくさんの植物を育てています。

それだけでは飽き足らず、家の中で観葉植物を育てるのも好きな母。

必然的に、母の日にはお花や観葉植物をプレゼントすることが増えました。

 

もうすぐ母の日。

プレゼントするものに悩んでいる方は、観葉植物も良いかもしれません。 

 

 

 

そういえば、わたしももう母なのでした。

娘がもっと大きくなったら、母の日にプレゼントをもらって感動する日もくるのかなぁ?なんだか想像がつきません。ふしぎ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

はじめてのらくがき

 娘の1歳の誕生日にプレゼントした、おえかきボード。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワンワンとうーたん のびのびおえかきボード
価格:2800円(税込、送料別) (2018/3/16時点)

 

喜んで触ってはくれるものの、ペンを握って線を描くという行為は中々難しいようで、これまで娘はただペンやスタンプを手に持って遊ぶだけでした。

 

それが今日、ついに!

ボードの上にペンを立てて線を描けたのです。 

 

f:id:o-sumity:20180316123252j:plain

↑娘のはじめてのらくがき。

 

すごいよ!娘!!かけてるよ!!!

ただの線だけでも、描く、ということが子どもにとってこんなにも難しいとは。

 

娘を授かってからよく思うのが、娘の視線を通して、わたしも赤ん坊の頃からの人生を見つめ直しているような気持ちになります。

今では当たり前のようにしている日常生活のあれこれも、娘くらいの時には当然できなくて、それを一生懸命に教えてもらい、できるようになって。

だから今、娘が上手くできないことも、あっという間に思い出に変わっていくんだろうなぁ、と。

 

そんなことを考えながら、娘の「はじめて」をせっせと記録しているのでした。

 

 

おまけ↓

f:id:o-sumity:20180316123257j:plain

※付属のおえかきシートをなぞっただけのワンワン

 

絵心ない芸人、ならぬ、絵心ない母の力作!!(なぞっただけ)

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村