sumi_log

夫と娘と三人暮らし。思うままに日々をつづりたいブログ。

絵本のガイドブック

皆さんは、絵本のガイドブックを読んだことがありますか?

わたしは、何かのおまけについているようなフリー冊子のものしか見たことがありませんでした。

書かれているのは本の表紙と、かんたんなあらすじだけ。

「こんな絵本もあるんだなぁ」と思うくらいで、結局、どれを選んだら良いのかはよく分からないまま。

 

そんなわたしに、先日、ママ友の貸してくれた一冊の本。

これがとても素敵な絵本ガイドブックだったので、ご紹介したいと思います。

 

 

 

タイトルは幸せの絵本

 

中には、絵本の表紙と、「いちばん幸せなシーンをカラーの見開き画像で」、そして「実際に子どもと幸せな時間を過ごした皆さんの生の声」が掲載されています。

(※「」内は本書より一部抜粋しています。)

 

たとえば、こんなふうに↓

 

f:id:o-sumity:20180803140156j:plain

スマホで撮影した画像なので見にくくてすみません。

 

わたしはこの本を読んで、まず最初にこの「よるくま」が欲しくなりました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

よるくま2版 [ 酒井駒子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/8/3時点)

 

折を見て買うつもりでいます。

 

 

「わたしたちは、絵本というモノが欲しいのではありません。絵本を通じて得られる『幸せな時間』が欲しいのです。この本は、まさにその『幸せ』に主眼を置いて書かれています。」

(※本書の「はじめに」より一部抜粋)

 

……と、こう書いてあったとおり、この本に載っている生の声・口コミは、たくさんの人が子どもとどんな風に読んだのか、どんなシーンが好きなのか、子どもがどんな反応を見せてくれたか、そういうことがうかがい知れるものばかりでした。

 

実際に絵本を買わなくても、この絵本ガイドブックを見ているだけで幸せな気持ちになれました。 

色んな種類の絵本の絵が見られる、絵本の画集のようでもあります。

 

実はまだ最後まで読めてはいないので、娘がお昼寝している隙に、お茶をしながらのんびりこの「幸せの絵本」のページをめくることが、近頃のささやかな楽しみです(^^)/

 

 

絵本が好きなひと、

子どもにどんな絵本を選べば良いか迷っているひと、

ただ本を読むのが好きなひとにも、

とてもおすすめの一冊です。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村