sumi_log

育児のことや、日々の暮らしのこと、その他なんでも思いつくままにのんびり書いています。

指しゃぶりをやめさせる方法

 

娘が赤ちゃんだった頃からずーーっと悩んでいた、指しゃぶり。

特に入眠時、娘は、必ず左手の親指を吸いながらでないと眠れませんでした。

 

ところが、昨夜、

とうとう指しゃぶりをせずに眠ることができました!!!

生まれて初めて!!

ものすごく嬉しかったです。頑張ったね娘、えらかったね( ;∀;)

 

わたしの試した方法は…… 

 

o-sumity.hatenablog.com

 

↑先日書いたこの記事の、最後にちらっと紹介した、

ゆびたこ」という絵本です。

以下に詳しく書きます。

 

 

絵本「ゆびたこ」

 

【あらすじ】

もうすぐ小学生になる主人公の女の子は、小さい頃からの指しゃぶりの癖をなかなか直すことができません。

してはいけないことだと分かっていても、どうしても指を吸ってしまいます。

すると、ある日、いつも吸っている親指にこわーいおじさんの顔をしたタコが現れました。

おじさんタコは、「あんたが吸うてくれたら大きくなれる、もっと吸って、もっと吸って」と話かけてきます。

 

大人が見ても、うわぁ…と思ってしまうような怖いおじさんタコのイラスト。

加えて、女の子も家族もおじさんタコもみんな関西弁で話す設定だったので、ここぞとばかりに関西弁バリバリで感情を込めて娘に読み聞かせました。

 

娘、大泣き。笑

 

わたし「〇〇(娘の名前)ちゃんの指も、見てほら、ちゅぱちゅぱするからタコできてるわ。こわーいおっちゃんの顔出てくるわ

娘「いやっこわいっ!!

 

小さな娘を脅して怖がらせるのは気が引けましたが、彼女のためだ、と心を鬼にしました。

しかしあんまり泣くので、結局「だいじょうぶ、だいじょうぶ、ママここにいるでしょ?」と抱きしめましたが……。

 

その後、娘は自分の親指をじーっと見つめていました。

 

そして夜になり、さあ眠ろうという時、いつものように左手の親指を吸い始めた娘に、

ゆびちゅぱ(※指しゃぶりのこと)したら、タコくるよ。おっちゃんの顔出てくるよ

と言うと、慌てて指しゃぶりをやめて泣き出す娘。

その様子を隣で見ていた夫が、「かわいそうやん……」と言ってきましたが、スルー。

 

代わりに、「ママとおててつなご?」と言うと、娘はしっかりと手をつないでくれました。

しかも両手とも。笑

 

そしてわたしに縋りつくように密着して(これはいつものことです)、いつもより少し時間はかかりましたが、そのまま眠ることができました。

 

 

重要なのは、読み聞かせの時期?

 

じつは、同じ絵本を娘がまだ1歳の頃に読み聞かせたことがありました。

その時には全く意に介せず平気な顔をしていた娘。

 

最近、絵本を読む時の反応が変わってきて、

わたしの声に続いて真似して読んだり、

自分で絵本をめくって読む姿勢を見せたり、

お気に入りの絵本の内容を暗唱したり、

そういう姿を見ていたので、今ならもしかして「ゆびたこ」の絵本が効力を持つかもしれない……?!と考えたのです。

 

すると、効果てきめん!

驚くほど効きました。

 

とはいえ、眠っている最中に一度目が覚めてまた眠ろうとする時などには、やはりまだ指しゃぶりをしてしまいます。

それでも四六時中指しゃぶりをしていたことを思えば、やめようとする意志が芽生えただけでもとても嬉しいことですし、助かります。

 

指しゃぶりをしたいけど、ぐっと堪える娘の姿に、わたしも夫も感動と愛情があふれてたまらなくなります。おやばか夫婦です。

 

これをきっかけに完全に指しゃぶりをやめられるように、一緒に頑張ろうね。

 

 

***

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

ブログ村のランキングに参加しています。

下のアイコンをポチっとクリックしていただけると喜びます(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村